HOME >
特集 >
ヨーロッパ最強ファニチャー・ブランド「Vitra(ヴィトラ)」の魅力
vitra(ヴィトラ)ヨーロッパ最強のファニチャーブランド

vitra(ヴィトラ)

チャールズ&レイ・イームズマリオ・ベリーニジャン・プルーヴェ、近年ではジャスパー・モリソンロナン&エルワン・ブルレックヘラ・ヨンゲリウスなど、世界的なデザイナー、建築家がデザインしたファニチャーを世に送り出し続けているvitra(ヴィトラ)社は、1934年にスイスで創業しました。
当時、vitra(ヴィトラ=ラテン語でショーケースの意味)は店舗什器の製造販売メーカーでしたが、創業者であるヴィリー・フェールバウムがアメリカ旅行中、ショーウィンドウに飾られたイームズのプライウッドチェアを見たことをきっかけに、1957年、ヨーロッパでの製造販売権を獲得し家具の生産に乗り出しました。

これを機にデザインに開花したvitra社は、その後も優れたデザイナーとの共同作業により、数多くの作品を発表しました。

CONFERENCE PAVILION

CONFERENCE PAVILION

Tadao Ando, 1993(安藤忠雄)

1993年竣工。安藤建築初の海外作品。入り口に辿り着くまでの長い小道が特徴的な建物は、周りから隔離するため高い塀で囲まれたセミナーハウス。桜と共生することをイメージして設計されたランドスケープ建築の名作。

BALANCING TOOLS

BALANCING TOOLS

Claes Oldenburg & Coosje van Bruggen, 2006(クレス・オルデンバーグ&ファン・ブリュッケン)

1984年竣工。vitra社の創業者であるヴィリー・フェールバウム氏の70歳の誕生日に、彼の子供達がプレゼントした彫刻。家具制作に用いる工具を特大のスケールで表現。vitraキャンパス初期のアイコン的作品。

BUS STOP

BUS STOP

Jasper Morrison, 2006(ジャスパー・モリソン)

2006年竣工。vitraキャンパスを訪れる際に利用する最寄りのバス停は、ジャスパー・モリソンの作品。景色を透過するクリアなシェルターには、イームズワイヤーチェアのシェルが用いられている。

VITRAHAUS

VITRAHAUS

Herzog & de Meuron, 2010(ヘルツォーク&ド・ムーロン)

2010年竣工。Vitraホームコレクションを展示するショールームとして建設されたVitraHaus(ヴィトラハウス)。バーゼルを本拠地として活躍するヘルツォーク&ド・ムーロンが設計を担当。典型的な家を連想させる切妻屋根をモチーフにした、複雑な5層構造。Vitra Design Museumの椅子コレクションの展示や、ミュージアムショップ、カフェなどを併設し話題を集めている。

VITRA DESIGN MUSEUM

VITRA DESIGN MUSEUM

Frank Gehry, 1989(フランク・ゲーリー)

1989年竣工。当初、4,000点を超える椅子や家具を所有するヴィトラ・コレクションを保管、展示するプライベート・ミュージアムとして計画されていたが、フランク・ゲーリーのインパクトのある建物は話題を呼び、今では各種展覧会・巡回展の開催や、ミニチュアチェアの生産、若手デザイナーを育成するワークショップなど、多岐にわたるデザイン活動を行っている。

PETROL STATION

PETROL STATION

Jean Prouve, ca, 1953/2003(ジャン・プルーヴェ)

2003年移築。1950年代初頭にプレハブ式のガソリンスタンドとして設計される。現存する3棟のうちの1棟を移築。

DOME

DOME

Richard Buckminster Fuller, 1978/2000(バックミンスター・フラー)

2003年移築。数学者、哲学者、エンジニア、建築家と多種多様な顔をもつフラー。正三角形を基本としたトラス構造のドームテント。「最小限のもので最大限を為す」という彼の思想に基づくこのドームは、1915年に建造したオリジナルを移築した。

FACTORY BUILDINGS

FACTORY BUILDINGS

Nicholas Grimshaw, 1981/1986(ニコラス・グリムショー)

1981/1986年竣工。1981年の火災後、6ヶ月で再建されたvitra社の工場施設。1986年には2つ目の施設を建設し、生産エリアとvitra社が提唱する「Net'n' Nest」を表現するオフィスとして利用されている。

FACTORY BUILDING

FACTORY BUILDING

Kazuyo Sejima/SANAA., 2010(妹島和世/SANAA)

妹島和世氏と西沢立衛氏による建築家ユニットSANAAが、vitra社のファクトリーホールとしてプロジェクトを進めているオーバル状の建物。

FIRE STATION

FIRE STATION

Zaha Hadid, 1993(ザハ・ハディド)

1993年竣工。1981年に工場火災が発生したのをきっかけに消防署として建造され、95年まで実際に使用された。消防士のためのシャワールームやロッカールームのある内部の壁は斜めに傾いており、非日常の不思議な緊張感に満たされている。

FACTORY BUILDING

FACTORY BUILDING

Alvaro Siza, 1994(アルヴァロ・シーザ)

1994年建造。工場と工場を繋ぐ、橋のように見える屋根。実はこの屋根、雨が降ると自動的に降下する仕組みになっていて、工場間を搬出入する際、雨に濡れるのを防いでくれる。

vitra CAMPUS./ヴィトラ・キャンパス建築ツアー

ヴィトラ・デザイン・ミュージアムでは、敷地内にある建築物を巡るツアーを行っています。ニコラス・グリムショー設計のオフィス以外は、交渉により内部見学可能です。

Vitra Design Museum / 建築ツアー(1日3回・所要時間2時間)
住所:
Charles-Eames-Str. 1、D -79576 Weil am Rhein
開催:
月曜日~日曜日11時・13時・15時
料金:
EUR 11.00
詳細:
http://www.design-museum.de/en/sprachmicrosites/japanese.html
Seat Cushion Frisbee Round